ユニの歯の手術の記事、続きです。

最初の手術から9日目の夜、歯ブラシで歯みがきしていたら、例の場所を磨くと、ユニがビクッ!として嫌がる。

ん?と思って、唇めくって確認したら…。

あら~~、被せ物が取れちゃってる!?

そんなに固いもの(骨とかガムとか)噛ませてないのになー、と思いつつ、翌日病院へ。

病院側は、早めに再手術したい、ということで、執刀医の都合がつく二日後に行われることに。

また全身麻酔かー、と不安を抱きつつも、このまま歯の一部が削れた状態にしておくのは良くないだろうから、しょうがないか、と考えた。

再手術の日は私の仕事が休みの日で、今回は私が朝イチで病院へユニを連れていく。

前回と同じ、前日の21時以降から食べ物はやらず、朝食抜きでやってきたユニくん。

前室に通されて待っていると、執刀医のセンセイが、挨拶もなく「ハイハイー」という感じで術前説明を始める。

これまでも何度か診察してもらったことのあるセンセイで、前から愛想は良くない男性医師だったが、ベテラン風の人で、「あー、やっぱりこの人だったか」と思った。(前回の執刀医が誰だったか私は知らなかったので)

もう初めから挑戦的な態度で説明しだすし、要は、こんなにも早く被せ物が取れてしまったことに関してクレームをされたくない、後ろでは他の若いスタッフもこの会話を聞いているから自分のプライドを守らなきゃならない、という魂胆がミエミエで、やたらと居丈高。

ちょっとでも質問すると、「はー、これだから素人は」という感じで溜息ついて、ホワイトボードに専門的な図を書き出したりして嫌味な感じ。

それでも、これからユニを執刀してもらうんだから、と控えめに聞いていたけど。

ただ、「この子のこの症例にはそもそもふさわしくない手術なのかもしれない」という一言で、これ以上我慢できなくなった。

1. これからユニがまた全身麻酔下で再手術をしなくてはいけないという直前に、その手術自体を執刀医が「適さない処置」と言い放つとは何事か。こんな医療現場を見たのは初めてである。
2. そもそもこんな短期間で詰め物が取れてしまったことに対し、一言のお詫びもない。
3. 執刀医としてこんな結果になり、センセイがそんな態度を取ってしまう気持ちもわからないではないが、獣医師というのは医療倫理の講習などは受けないのか。

この3点について問いただす羽目になりました。(書いていたらまた腹が立ってきました…。)矛盾と論理の破綻・プロとして欠損のあるプロフェッショナル、は嫌いです。

センセイは急に態度が柔らかくなりましたが、けっきょく、このあと再手術して、また被せ物が取れたときのために予防線を張ってるんですよね、この方法がベストかは保障できない、もう一回同じ処置をしてもまた取れてしまうかもしれないよ、ということで。できるだけ患者のコンセントに(あちらに都合のいい形で)持っていきたいのはわかるし、こっちは、人間の歯の治療だって、詰め物が何かの拍子で取れちゃう事例だってあるんだから、別に完璧を求めているわけじゃないんですけどね。だからこそ、初めのうちは穏便に獣医師のプライドというものを甘受していたんだけど。

ただ、いかに寛容で有名な私(←ホントだもん)でも、「その発言がいかにまずいものか気づいてください」と言わずにはいられなかったし、「僕の言い方が悪かった」とセンセイも認めてくれ、とりあえず和解して、けっきょく手術をお願いすることになりました。

怒ってる間は、ホントにこのまま啖呵切ってユニを連れて帰ろうか、と思ったけど、ユニのためにはならないですもんね。

ユニは前回と同じように、一日中動物病院に置かれ、夕方迎えに行くと、前回より麻酔量が少なかったのか、元気そう。

メンズ好きのユニくんですから、私があれだけ言い合いしたセンセイにも大人しく抱かれてるし、術後説明のときも、すぐにも私の腕に飛び込もうとするのを、センセイにアゴを撫でられてなだめられたりしてて(;^ω^)

帰宅して、処置した箇所を確認すると、前回より被せ物の白の度合いが濃い…。(透明感が少ない。)

センセイも、前回よりたくさん削って、接着面を多くした、って言ってたから、今度は丈夫でいてくれるかな?

・・・と期待したとおり、再手術後1ヶ月以上経った今も、とりあえず、被せ物は取れずに済んでおります。

良かった良かったヾ(・∀・)ノ

でも、もう当分、動物病院は通いたくないですー。
[PR]
by cherrytreelane17 | 2015-11-29 00:12 | ユニライフ

昨日金曜の夜、やたらとキャリーケース持つ人を見かけるな、と思ったら、三連休なのね。今朝になって納得した私です。

さて、ユニくんの歯の手術について書いておこうと思います。

5月くらいから、右の上の歯をハミガキすると嫌がるようになったユニくん。歯ブラシに血がつく日や、唸る日もあり、何だろ?痛いのかな?と思って確認しても、別に何ともない。

耳洗浄で動物病院に診察に行ったとき、獣医さんについでに見てもらったけど、大丈夫だと言われたし、それから二度ほどトリマーさんに歯磨きしてもらったときも何も言われませんでした。

…が、9月のシルヴァーウィークの頃かな、再度ユニの唇をめくって確認したところ、右の上の歯の奥のほうが赤くなって血が出てるように見え、白い部分が欠けているように見えたんです。

えーっ!と思ったけど、ペットサロンの予約を入れていたからとりあえずシャンプーしに行って、トリマーさんに事情を話したら、トリマーさんも、「欠けてますね。病院に行ったほうがいいですよ。痛いんじゃないでしょうか」と言う。

それを受けて、翌週、ようやく動物病院へ。

診断は、歯が欠けて露髄しているとのこと。

「時間が経っちゃってるからなー。削ってみないとわからないけど、抜歯か、もしくは人間の歯科治療みたいに削って白い物質で埋めるか、どっちかの対処になるだろう」という獣医さんの見立てでした。

獣医さんたちは治療対象として興味深々で、ユニがその露髄している箇所を痛がってるってわかってるのに、ピンセットみたいのでグリグリ触って説明したり、他のセンセイを呼んできて勝手にデジカメで写真取ったりして、ユニが大人しいコだからって好き放題されてる感じで、私も少々イライラしていました。(あ、思い出したらまた腹が立ってきた…)

「時間が経ってるからどうなるかわからないとおっしゃいますが、5月頃からすでに痛がっていて、そのときこちらで診ていただいたときに何ともないですよ、って診断されたんですけど」と言いますと、その場にいた獣医さんたち&看護師さんたち一斉に黙る(-ω-;)

で、その時診てくれたのは院長先生だったんですが、とりあえず治療の選択肢は2つであり、6才という年齢を考えると、やはり歯は残して整復手術をしたほうがいいだろう、という意見でした。

一応、ユニの戸籍上の(?)主人は同居の家族なので、家に帰って相談してから決めるということになり、その上で整復手術を選択して病院に電話をかけ、手術の予約をしました。

全身麻酔の必要から、日帰り入院。
朝9時から夜までユニを1日中病院へ預けなければならず、執刀する先生の都合で金曜日しか空いていないため、家族が近所の人にヘルプしてもらいながら、朝にユニを連れていきました。

夜になって、私は仕事を終えてから、タクシーを飛ばして閉院時刻ギリギリにユニを迎えに行きました。

とりあえず何ともなくてホッとしたけれど、ユニは麻酔が抜けきれずにまだフラフラしており、コロコロカートの中で「クゥーン」と哀しげな声を出す(T-T)

無事帰宅したものの、その日は夕飯摂取が禁じられているので余計可哀想に感じたのですが、ユニはグッタリ気味で食欲もあまりないもよう。

とりあえずベッドに寝かせて、できるだけ静かに、そばにいてやりました。

c0292098_18513783.jpg

↑その時のぐったりユニくんがこちら。

ユニが弱ったり、具合悪そうにしている姿を見るのはホントに悲しいです(+_+)

翌日も朝から寝てばかりいたけど、夕方くらいからいつものユニくんになり、遊ぼー遊ぼーと誘ってきたので、ほっと一息。

どんな歯になったのかな?と確認すると、元の歯の痛んだ部分含め穴が開けられて、その上に白い被せものが掛けられているけど、下の穴が透けて見えていました。

この被せものはとても弱いので、牛のひづめや骨のような堅いものは噛ませないようにと病院に言い含められたんですが、ナルホド、本当に弱そうだなー、と推測できる透明感でした(-ω-;)

抗生物質としてケフレックスの粉薬を処方され、手術当日の2日後に通院するよう言われる。

2日後の診察で、今日処方する5日分の薬を飲みきったらもういいですよ、と言われ、安心した矢先に…。

(続く)

[PR]
by cherrytreelane17 | 2015-11-21 13:07 | ユニライフ

10月は、要全身麻酔の歯冠整復手術なるものを2回も受けることになったユニ。

歯の詰め物も取れることなく、お口に馴染んできたようなので、先週ようやくサロンでお手入れしてもらいに行ってきました。

超!久々に、隣り駅のサロンまで歩いていく。(片道だけ)
河原沿いを行ったのですが、久々すぎて、この時期は体にひっつくタネタネさんが河原には満載なのを忘れていたー!!

サロンへ着く頃には、全身にタネタネをくっつけて、ハリネズミのようになっていたユニくん…(-ω-;)
トリマーさん、すみません。

お手入れ終わって迎えに行くと、体重など、どんな状態だったかという簡単なカルテをくれるんですが、「小さなトゲが体に4箇所くらい刺さっていましたよ。草むらに入らせるのは避けたほうがいいかもしれません」とのコメントが…。
反省。最近、あの河原は手入れもされなくなって、荒れ放題なので、もう行かないほうがいいのかもしれないなぁ。

帰ってきて、サッパリしたユニくん。可愛さ倍増!

c0292098_07450945.jpg
仕上げのリボンを首につけてもらったんですが、鬱陶しいだろうから取ってあげようとすると、全身をシェイクして、嫌がる。
さては、トリマーのお姉さんに「可愛い」とかなんとか言われたな(笑)

c0292098_07471238.jpg

さて、話は変わって、昨夜のことです。

家ではいつも私にベッタリのユニが珍しく同じ部屋にいないな?と思っていたら、ようやくトコトコとやってきて、床にアゴをこすり始める。

なんか美味しいものでももらったか?それにしては動きが変だなー、と思っていたら…。

急にゲボゲボ!っと。大量に夕飯を吐いた!

あらあら、と片づけていると、さらに第二弾!
今度はさっきより大量に!

食べ物でないものは食べないコなので、普段あまりユニが口にするものに注意しないんだけど、後で確認したところ、台所の床に母が食用油を置いたままにしてしまい、それをユニが倒して床にこぼして、思う存分嘗めたもよう。

しばらくするとちゃんとトイレでウンチしたものの、それもなんだか油にまみれた気配が。

そのあと、何度かゆるいウンチを各部屋に撒き散らし、お尻が汚れたので本人も気にしているし、可哀想なことをしました。

もう夜遅くだったので、濡れタオルで拭いただけで寝てもらいましたが、今日帰ったらシャンプーしないと。せっかく先週キレイになったのになー(;^_^A

ワンコが口にするものには、つくづく気をつけないといけないなー。


[PR]
by cherrytreelane17 | 2015-11-16 07:32