1月30日(木)、今月二回目となるチャーリードッグスクールお散歩トレーニング@横浜に参加しました。
通算11回目の散トレになります。

この日は、お出かけ前に一波乱。
ユニの脳内でおそらく、ちょっと遠くまで行く長めの散歩=お洋服、とインプットされてるらしく、お洋服をすごくいやがります。
なのでできるだけ着せない方針にしてるんだけど、冬と真夏は気温の関係上、どうしても着せざるをえず。

で、昨日の朝も、お出かけ前に着せようとしたら、ガブガブガブ!と右手を咬まれました~。

10月か11月以来、ずっとこの「お散歩イヤ咬み」をされてなかったから、油断しておりました(;´・ω・)

一昨年くらいからそういう「お散歩イヤ咬み」がたまにあって、やり過ごせるときもあるんだけど、時には「何さ!せっかく時間割いて連れ出してやってるのに!」とムッとしてしまって、そのあと冷たい感じの散歩になってしまったり、一度「もう今日はユニくんと一緒に寝ないから!」って一晩寝室から締め出して、ユニは泣く泣く家族のベッドで寝たこともあった…。
ユニは散歩行きたくない、っていう意志をさんざん表現しているのに、私はけっきょく連れていこうとしているんだから、最後には咬んで伝えちゃうことになるのは、冷静になればわかることなんだけど~。
ついつい、こっちも「何さ!」って大人げない気分になってしまうことがあったのです。

だけど、昨日は、散トレに行って、お仲間さんや先生に「今朝ユニに咬まれちゃったんです~」って報告したら、なんだか気がすんだ私(笑)。
いやー、ありがたいです。

お散歩のときだけ服着せるんじゃなく、普段から慣らしておくとか、面倒くさがらずに、ユニが絶対に咬むことのない玄関先まで連れていって着せるとか、たぶん解決法はまだ色々あるんですよね。
また何か工夫してみよう。

さて、そんなこともありながらユニにダウン着せてハーネスつけて、散トレ会場の公園に到着。
強風が激しく(この公園は遮蔽物が少ない)、帽子を被っていられずに、飼い主たち(今日は全員女性)の髪の毛ぐっちゃぐちゃの散トレとなりました。
c0292098_2217279.jpg
強風に煽られるクオーレくん。
くびれた腰がいつもうらやましい。ヤーナ並みです。(わかる人いますか?(;^ω^))
c0292098_2217866.jpg
今日は合計9頭のワンコさん参加。
わりと暖かく、平日で園内が空いているのは良かったです。

広場でいつもの自己紹介がありまして、ちょっと歩き、さらに人の少ない草地で「そうそうゲーム」。
c0292098_22181586.jpg
「そうそうゲーム」に興じるれあ一家とChoco.一家。

「そうそう」という指示だけで、ワンコを木の根元に生えてる黒い謎の物体(黒いプラスチック製の植木鉢を逆さにして地面に埋め込んだみたいなの)まで導き、その上に前脚をかけさせる、というゲームに、全員でチャレンジ。
Noという否定形でワンコの行動を御するのでなく、肯定Yesで導いていく練習ですが、「そうそう」以外言ってはだめなので、なんか難しい。
途中、思わず「ユニ~」とか呼んじゃった気がする。

その謎の物体のある場所までは連れていけるんだけど、その上に前脚をかけさせるのができない!
けっきょく、抱っこをねだって私の膝にユニが両前脚をかけたところ、私が膝をカックンして、ユニの前脚が物体の上に落ちる、というズルいステキな荒業を使ってしまいました。い、いいのかな?(-_-;)

そのあとは、3つの基礎トレのデモ。
今日は初めて散トレを見学なさるパフママさんがいらっしゃいました。

「名前を呼んでおやつ」デモは、れあママさん。
ご本人びっくりの大成功デモとなりました。れあちゃんの動きに合わせるように、かつ落ち着いた感じにやってみたら上手くいったそうです。フムフム。未来の参考にしよう。
c0292098_22192847.jpg
美少女探偵れあちゃん(最近、私が勝手に気に入ってるネーミング(笑))

こないだの部活のとき、れあママさんが、散トレでの本番(?)のために、部活でデモの練習をしたい、とみんなの前で練習をなさっていまして、すごいなー、エライなー、と、その熱心さをますますリスペクトしたのでした。
それに加え、デモするとワンコさんに自信がつく、という先生のお話が以前にありましたので、ウチはおやつ食べれないけど、今日は「マグネット」か「オンリードのおいで」かどちらかのデモをやらせてもらいたいな、と決めてました。

で、「マグネット」をやらせてもらいました。
おやつは持たず、ハンドターゲットということになりましたが、ちゃんとユニはついてきてくれました♪
が、お仲間さんがブログに載せてくれた写真を見ると、なんだか私、リードを短めにたぐっているし、思い返すと声かけが少なかったかなー。
今度はもっとリードを長めにとって、もっと声かけてみよう、と思いました。
ちょっとでもユニの自信につながるといいんだけど。

「オンリードのおいで」デモは、うた君とママさん。
すごく余裕な感じでした♪

先生が、稀にアルファという類(性質?)の犬がいる、っていうお話をしていて、それがすごく興味深かった。前、月島座学でもお話されてましたが。
本当に自信のある犬というのは咬まないし、そういう犬は、例えば視線だけで他ワンコを威圧してしまう生まれつきの感じ(オーラってことかな?)があり、それがたまにしかお目にかかれないアルファなんだそう。
何となく「狼王ロボ」を連想してしまった私でしたが、一生に一度でいいから、そんなワンコに会ってみたいもんです。
c0292098_22221523.jpg
Choco.ちゃんの後姿♪
c0292098_2222514.jpg
ママに抱っこされるすみれちゃん。9kgあるということですが、母の愛!

公園外周をぐるっと回って、二時間が経過して解散。
そのあと、居残り組でランチしました。

ランチ前、れあママさんが所用で園内のレストハウスに行くことになり、その間チャーリーママ先生がれあちゃんのリードを預かりました。
c0292098_22235570.jpg
「えっ!?」って固まるれあちゃん。ママが吸い込まれていったレストハウスをじーっと見つめて、そのうちキイキイ鳴きだしてました。

やがて、れあママさんの姿がレストハウスから現れると、
c0292098_22244189.jpg
駆けだすー!
c0292098_22245974.jpg
うーん、可愛い光景だ。ワンコってこういうところが良いのよね~(*´∀`*)

風が強かったにもかかわらず、この日もユニは以前に比べればかなりスムーズに、私のあとについて歩いてくれました。
ただ帰りがけ、公園から出たがらなくて、8mリードに換えてみても付いてこなかった。
けっきょく抱っこしてみんなの後を追いかける羽目に。
いっぺんには上手くいきませんな。

おやつも今日は食べれなかったです。ランチ用に今日は豚の脂身を用意してみたんだけど、ダメだった~。
そして、他の飼い主さんが何度もユニにおやつの匂いをかがせてくれました。
ありがとございますm(__)m

先生のお話で、飼い主さんというのはワンコにとって二次強化子であるorあるべきだ、というのがありました。
もっともっとパワー満載の二次強化子飼い主に私がなれれば、ユニの苦手が克服できるんでしょうが‥。

今回も楽しく、改めて皆さんありがとうございました。
写真、使えるのがあまりなくて、全員のアップがなくてすみません。
またの機会、よろしくお願いします☆
[PR]
by cherrytreelane17 | 2014-01-31 23:40 | ユニ学校

横浜お散歩部活

今日(1月26日)の午前中は、チャーリードッグスクール、特に横浜支部に参加することの多い生徒が集まり、課外活動として行う部活がありました。
総勢8組のワンコ+飼い主。

会場となった新横浜公園は、日曜日を楽しむ人々でごった返しておりましたが・・。

開始当初(10:00 AM)は春先のように暖かく、駅からの10分強の道のりだけですでに汗だくの私は、最初ダウンジャケットを脱いだほどでした。

先週くらいから、普段のお散歩では抱っこ移動の回数が減り、ずいぶんとスムーズに私についてくるようになっていたユニくんは、今日もいい感じ!ヾ(*´∀`)ノ゙

大きな大きな新横浜公園の外周を、時には孤高に先走り(←ユニ)、時には皆のところへ戻り、皆に交じってのんびり歩いたりしながら、休日のワンコ散歩を楽しみました。

今日もユニ&ユニママは、芝生の上にくっついて座り込み、他のワンコたちからおやつをねだられたり(ユニママ嬉しい)しましたが、今回はできるだけユニを気にし、ワシャワシャ撫でてあげることを心がけました。

そしたら、しばらくしたら、ユニが、寄ってくるワンコの匂いを嗅ぎだした~。非常に短時間ですけれど、チャレンジ精神が見てとれました。

5-6回くらいそういうことがあって、(おお~すごい変化だ。ムフ)と心中でほくそ笑んでいました。

おやつは、残念ながらあまり食べられなかったのですが(ユニ家カッテージチーズを二度ほど舐めたに留まる。しかも、一度は私から鼻先につけた(;^ω^))、座り込むユニを迎えに行って抱っこ、という場面はほとんど無かった気がします。

でも、止まっているときとか他のワンコと近くにいすぎるときに、抱っこをせがむときは、抱っこするようにしました。

途中、人の少ない原っぱで、しばし立ち止まる我々。
c0292098_0261410.jpg
ワンコ部長のChoco.姉さん&人間部長のsamiさん。samiさんは、手作りワンコおやつのスペシャリストです。
c0292098_0264910.jpg

c0292098_0272732.jpg

c0292098_0274145.jpg
膝の上に乗っているユニを至近距離で撮ってみましたが・・笑ってるかな?れあパパさん撮影の写真では、ニコニコなんですけどね~♪
c0292098_0294475.jpg
美少女探偵れあたんが、てりままにおやつをねだる驚異のジャンプを激写!(偶然撮れていた)

さて、ここでは、CDSの生徒らしく、輪になって「名前を呼んでおやつ」のデモbyれあママさん+美少女。

れあママさんは、3番が難しい、とのことでしたが、れあちゃん、ママをよく見て、ついていって、おやつを食べてました☆

最近、ユニが問題なくおやつを食べれる唯一のお外=我が家の屋上で「名前を呼んでおやつ」をやってみるのですが、やはり3番があまりうまくできません。

ユニ@お外の場合、おやつより抱っこ、で、ピョンピョン飛びついてしまうので、おやつを口に持っていくのが至難。これも回数を重ねてコツコツやっていくしかないのでしょうなー。

おやつデモの後、また歩いて、テニスコート前の原っぱに着くと、すれ違いトレーニングが始まりました。

なぜかユニはこの場所が非常に苦手なようで、先月はコワイコワイが顕著だったのですが、ワシャワシャ撫で撫でを続けていたら、やっぱり大丈夫になってきたようでした。
みんなに交じってすれ違いトレもできました!

最初はトレーニングをするために進み出る、というのがイヤなのか、腰を落としていつもの「行きたくねー」姿勢を取りましたが、最近うまくいってる「オンリードのおいで」(時間かかるけど)でこちらに寄ってこさせ、歩き始めたらできました!

途中、ラッシュ母さんが、おやつで気を引く怪しいストレンジャー役で待ってくれていたのですけど、ユニがおやつに気をひかれることはなく(;^ω^)、そのまま素通り。
ユニの場合、すれ違い以前に、歩き始めるまでが関門なのですねー。

…と、笑顔あふれつつ、盛りだくさんの3時間。
おやつ食べないユニに、それでも匂いだけでも、と、何度もおやつを差し出してくださるお仲間さんたちに感謝!m(__)m

今日はランチ時の豚ひき肉も食べなかったユニくん。でも、午後の紅茶はけっこう飲んでたかなー。
(れあパパさんが写真におさめ、れあママさんがブログに載せてくださいました(o´∀`o))

本日も楽しかったー!
皆さんありがとうございました~♪
[PR]
by cherrytreelane17 | 2014-01-27 01:06 | ユニ散歩

1月11日(土)、2014年最初のチャーリードッグスクールお散歩トレーニングに参加しました!
通算10回目の参加です。

慣れたお散歩コースの公園なのですが、園内に入って、散トレ仲間のワンコさんの声がすると(「ユニここだよー!」と呼んでくれた気がした)、ユニくんが珍しく早足→そして駆ける駆ける!

だけど、いざ合流するとベンチに飛び乗っちゃって、他ワンコさんたちと距離を置く~、アレ?(笑)

先月のクリスマス散トレで、散トレ後のランチタイムにおやつをパクパク食べていたから、今日は散トレの最中に食べれるといいな、と思っていたのですが、結論から言うと、この日の散トレ中はカッテージチーズをペロンと舐めるくらい、に留まりました。(これだって、当初は全くできなかった。)

飼い主さんたちの自己紹介中は相変わらずキンチョーユニくんでしたが、他のワンコ×飼い主さんペアの、基礎トレデモ中は、いつもと違って妙にリラックスしていた。

ユニはいつも「抱っこー抱っこー」とすがりついてくるんですが、正直ずっと抱っこして立っていると7.6kgある彼の体重がコチラとしてもツラいので、座り込んでハグするようにしています。ただ、この日はデモを見ている間、私の腕にアゴを乗せてまったりしているのがわかった↓
c0292098_23265158.jpg

れあパパさんが撮ってくださった写真を見ても、そのときテローンとした表情をしているのが正面から写っていました(;^ω^) まあ、これはこれで進歩と言えるのではないだろうか。

基礎トレは、①名前を呼んでおやつ ②マグネット ③オンリードのおいで の三つ。③のオンリードのおいで、は、ユニのように、飼い主についてこないことがあるワンコをついてくるようにさせるのに良いトレーニング。
なのですが、前回までは、この場に慣れること自体ができなくて、「怖い怖い」「抱っこ抱っこ」の繰り返しなものですから、基礎トレ個人練習の時間も、とにかく落ち着かせることに徹していたんですよね。
c0292098_23275372.jpg

この日も、決して落ち着いてるわけではなかったけれど、とりあえず③の練習はすることができた。(①と②は、ただ飼い主を追いかけているだけ?という感じ。いつも)つまり、これも、それだけ場慣れが進んだということかもしれません。
c0292098_2328827.jpg
c0292098_23281916.jpg
c0292098_23283042.jpg


「おいでー」と言ってワンコがこっちを見たら背中を向ける→するとワンコがついてくる、という③オンリードのおいで。
3mリードいっぱいに張りつめて、それでもしばらく背中を向けて待つとついてくる、というのが、何回かやっているうちにできるようになりました。
ここでプチ成功したので、この日の散トレ後半は、前半に比べて付いてくるようになった。
ただし、背中を向けてからしばらく待たなきゃいけないし、根くらべだー。
ユニがどうしても行きたくなくてがんばるところは、私が根負けして抱っこしちゃったし。

なるべく歩いてもらいたいのが正直なところですが、ユニがどうしてもダメなところは、抱っこで通り抜けられるなら抱っこしてあげたいなーと。本当に怖くてダメなのか、「甘え」なのか、この塩梅が難しいなー。

ユニは4歳になる2か月前にCDS散トレに初参加したわけですが、それまであまり私は「スモールステップ」ということを考えてこなかった。
お散歩はそのうち慣れるもの、と聞いて、そういうもんだろうな、と、ただ何となく連れていっていました。
そんなに本人(ユニ)が散歩いやなら行かなくてもいいんじゃないの、という家族の声もありまして、そうかも、と思ったこともあった。でも、家にばかりいるのって何だか不健康だなーと考えていて。でも、成犬と言われる2歳になっても3歳になっても、一向にお外に出たがる気配がない。
そのうち近所に素晴らしい大型公園ができて、草むらではたまに嬉しそうな様子を見せることもあるのに、何がいけないのかなー?と不思議でした。

CDSに入ってからも、散トレに毎月参加して、徐々に慣れていってくれればお散歩好きになるかも、という気楽な感覚が抜けなかった (;^ω^)
ユニも相当ナイーヴワンコなんだけど、いっぱい吠えたり、ガウガウするワンコさんと違って、そのナイーヴさが表に出ないんですよね。内へ内へとためこんじゃうので、他の人は誤解して「大人しくておりこうさんね」と褒めてくれるくらいで、正直、私もイマイチ危機意識が薄かったんだと思います。

なので、散トレ中に他のワンコさんたちにおやつをねだられて、「わーい可愛い♪」って喜んでたんだけど、ふと、私が他のワンコに囲まれているとき、ユニは私の腕に顔をうずめたままで、他の子にずっとお尻向けてるな、って、先月くらいに気づいたのです。(遅い!(`Д´))

そのうちユニも、他のワンコたちと並んでこっち向いておやつをねだるようになってくれたらなーと漠然と思っていたけれど…。
このお尻向けてる、っていうのは、関わりたくないサインなんですよね、きっと。
「スモールステップ」を考えるなら、いきなりこんなにワンコと至近距離でワラワラと近づくのは、ユニにとってまだToo muchなのではないか?と(これまたやはり)先月くらいから考えだしまして。
ユニが外に向かってイヤだよサインを出さないのをいいことに、また「スモールステップ」を怠っていたのだ!他のワンコと並んで歩くのはやめて、距離を取って様子を見させるほうがいいのかな、とか。

そしたら、チャーリーママ先生が、アドバイスを下さいました。
他のワンコたちと距離を空けなくてかまわないけれど、例えば私が座り込んでユニをハグしているときに、他のワンコが寄ってきて私がおやつをあげている間、ユニに声をかけたり撫でたりして、気をまぎらわしてあげるといいんだそうです。

ナルホドー!と、ポンと膝を打つ。

で、散トレ終わり近く、ベンチに座って、傍らにユニ、私の膝の上にクオーレくん、というステキなシチュエーションがやってきましたので、クオーレくんにおやつをあげたり撫でたりしている間、ずっと片手でユニのことを撫でてやりました。

すると、そのうち、ユニが私の膝に乗ったクオーレくんの匂いをかぎだしたんです。

ユニが小型犬相手にそういうことをするのは珍しいので、「ワオ、もうリラックス効果が!」とびっくりΣ(゚Д゚ノ)

そのまま散トレ解散、となり、トレーニング後のランチタイム~♪
c0292098_2331513.jpg

前述のように、散トレ中よりも、このランチタイムのほうがユニが落ち着くのがわかっていましたので、ユニのランチとして、豚ひき肉を炒めたものをたっぷり、タッパに入れて持ってきていたのです。
私と二人だけで一つのベンチに乗っている、という状況も幸いしてか、ひき肉バクバク食べたー!
証拠写真が撮れるほどの余裕ある食べっぷり↓
c0292098_2332737.jpg

フラン父さんとれあパパさんもこの時シャッターを切って、メディアにアップするときに載せてくださいました!さりげなく見守ってくださる姿に、感謝、感謝でございます゚ヾ(゚`ェ´゚)ノ。

この長いブログ記事の結びとしては、これからも「スモールステップ」を忘れず、時おり必要なときは抱っこして、でも基礎トレは根気良く続け、ユニのキンチョーのインターセプトなる「声かけ」「撫で撫で」を心がけてリラックスに導いていこう、ということでしょうか。

そして今回も、いつものように、楽しいお散歩トレーニングでした!
先生、カッテージチーズを作ってきてくださった幹事のsamiさん、横浜組の皆さん、ありがとうございました~。
[PR]
by cherrytreelane17 | 2014-01-17 23:43 | ユニ学校

今日は、近場のSCにあるペットサロンまで、ユニのシャンプーに行ってきました!

歩いて往復すると8kmあり、ユニにも私にもちょうどいい運動になるコースなんですが、最近、ユニのわがままに拍車がかかり、以前(首輪時代)のように素直に歩いてくれません!という状態になっているので(´д`ι)、自転車で行きました。
c0292098_21241185.jpg
乗り物好きなユニくん。
c0292098_21245729.jpg
富士山がキレーでした!(スマホではこれが限界だったけど、左側に)
c0292098_21255068.jpg
シャンプー前、ユニの好きな河原にお立ち寄り。
c0292098_21265041.jpg
日光と水面が眩しくてスマホ画面がよく見えず、闇雲に連写していたら、こんな1枚が。(ユニは左端に。)
この舌チョロリは何か意味があったような?と(←ウロ覚え)、帰宅後、ワンコシグナルのテキストを開いてみましたら、どうやら居心地が悪いサインだったもよう。
正面から連写されたくなかったんだな・・(-_-;)
c0292098_21292628.jpg
シャンプー後の帰り道。またちょっと自転車から降りて、河原を散歩。
お尻フリフリで楽しそう。
尻尾が上がることは未だありませんが・・。
c0292098_21341064.jpg
シャンプー仕上がりの証のリボン、今日はこんな感じでした。
トリマーさんいわく、「早春」がテーマだそう。(赤いのはイチゴなり)

自転車だったけど、けっきょく帰宅したら汗だく。
良い運動になりました~。
[PR]
by cherrytreelane17 | 2014-01-06 21:48 | ユニ散歩

普段、お散歩トレーニングでお世話になっているチャーリードッグスクール。
今日はワンコさんなし、飼い主さんのみが集まってチャーリーママ先生の講義を聞いたり、リード使いのワークショップがあったりする「座学」に参加しました。
座学出席は通算3度めです。

先生のイントロダクションの後、すぐにスクール生徒さんの一人、小麦のかあちゃんさんによるワンコの成長過程についてのお話がありました。
ご自分のワンコたち、小麦ちゃん・ひじきちゃんと生活した体験を交えてお話いただき、とてもわかりやすかったです。
非常に尊敬すべき、ワンコに対して真摯な先輩なものですから、会場は涙と拍手に包まれて。
大変勉強になりました。

先生のお話は、ピックアップした動画を見ながらの講義、テキストとして指定された↓

ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド

ヴィベケ・S. リーセ / 誠文堂新光社

に掲載のワンコ写真の解説、など。
ドッグランでの大型犬と小型犬のミーティングに対し、飼い主の介入の必要性を説く動画は、ユニのような追いかけられやすい子を持つ私にとっては、有意義な教材でした。
ちゃんと私が、彼を守ってあげないと!

グッパー体験なるもの、先輩たちから聞いていたので、一度やってみたいと思っていたから、体験させていただきました。
先生の提唱するリード使いで、ワンコに負担をかけない止め方、のテク。
その「グッパー」をする側=ハンドラ―、と、グッパーされる側=ワンコ側、と、両方を疑似体験!
先生のブログ動画とか見て、グッパーテク真似してきたつもりだけど、これでいいのかどうかイマイチ不安だったのですが、「まあまあ」と言っていただきました(*´∀`)アハハン♪
普段のお散歩トレーニングだと、何となく個人的な質問をしないまま終わってしまうんで。

大事なこと=リードを持つ手の両脇を締める。 φ(..)メモメモ

写真とか全然撮れなかった・・。撮ればよかったな。
先生、会場準備してくださった皆さん、ご参加の皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。
今日勉強したことを、今後に生かせればいいなと思います。
[PR]
by cherrytreelane17 | 2014-01-05 23:44 | ユニ学校