チャーリードッグスクール新春座学@横浜

普段、お散歩トレーニングでお世話になっているチャーリードッグスクール。
今日はワンコさんなし、飼い主さんのみが集まってチャーリーママ先生の講義を聞いたり、リード使いのワークショップがあったりする「座学」に参加しました。
座学出席は通算3度めです。

先生のイントロダクションの後、すぐにスクール生徒さんの一人、小麦のかあちゃんさんによるワンコの成長過程についてのお話がありました。
ご自分のワンコたち、小麦ちゃん・ひじきちゃんと生活した体験を交えてお話いただき、とてもわかりやすかったです。
非常に尊敬すべき、ワンコに対して真摯な先輩なものですから、会場は涙と拍手に包まれて。
大変勉強になりました。

先生のお話は、ピックアップした動画を見ながらの講義、テキストとして指定された↓

ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド

ヴィベケ・S. リーセ / 誠文堂新光社

に掲載のワンコ写真の解説、など。
ドッグランでの大型犬と小型犬のミーティングに対し、飼い主の介入の必要性を説く動画は、ユニのような追いかけられやすい子を持つ私にとっては、有意義な教材でした。
ちゃんと私が、彼を守ってあげないと!

グッパー体験なるもの、先輩たちから聞いていたので、一度やってみたいと思っていたから、体験させていただきました。
先生の提唱するリード使いで、ワンコに負担をかけない止め方、のテク。
その「グッパー」をする側=ハンドラ―、と、グッパーされる側=ワンコ側、と、両方を疑似体験!
先生のブログ動画とか見て、グッパーテク真似してきたつもりだけど、これでいいのかどうかイマイチ不安だったのですが、「まあまあ」と言っていただきました(*´∀`)アハハン♪
普段のお散歩トレーニングだと、何となく個人的な質問をしないまま終わってしまうんで。

大事なこと=リードを持つ手の両脇を締める。 φ(..)メモメモ

写真とか全然撮れなかった・・。撮ればよかったな。
先生、会場準備してくださった皆さん、ご参加の皆さん、お疲れさまでした。
ありがとうございました。
今日勉強したことを、今後に生かせればいいなと思います。
[PR]
by cherrytreelane17 | 2014-01-05 23:44 | ユニ学校